夢のマイホーム!どんな建設会社が良いの?

悪徳業者にご用心!

悪徳業者に騙されないように!

さて、リフォームをするとなった際、万が一のために悪徳業者を見抜くためにはどうすれば良いのでしょうか?
まず、依頼する予定の会社の商業登記簿を確認してみると、なぜか頻繁に住所や社名等の重要であるはずの項目が変わっている会社があるようです。
その上で契約を急かすようなことをしてくるとなると『金を持ち逃げして社名等を変える』という可能性も出てくるため、かなり怪しいでしょう。
次に、その会社が本当に建設会社なのか調べるために、資材が置いてある倉庫があるかどうかを調べるのも効果的です。
建設会社なら、資材を置く倉庫があって当然ですからね。
尚、悪徳業者は建設業の許可を取っていない場があるため、建設や建物取引の許可番号がちゃんと事務所の見えやすいところに出ているか、しっかりと確認しましょう。
他にも、契約書や建設中の見物をさせない等の特徴もあるようです。
悪徳業者に騙されないため、しっかりと注意しましょう!

もしも業者が悪徳だったら…

万が一頼んだ業者が悪徳だったら、どうすれば良いのでしょうか?
頼んだはずのものができていなかったり、酷い施行がされていた等、あまりに酷い工事をする会社の場合も含めて、訴訟などの相談ができる、住宅リフォーム・紛争処理支援センターという場所が設置されているそうです。
電話相談も基本無料で引き受けてくれる上、建築関係のトラブルを専門として活動している弁護士さんと無料相談を受ける日程を調整してくれます。
その上、弁護士さんが訴訟を引き受けてくれる場合、日本司法支援センターこと、法テラスを利用できるため、費用のこともなんとかなるかもしれません。
ですが、やはり上記のようなことをしなければならないという行為自体に、怒りを覚えてしまいますよね。
ですので、建設会社選びは慎重かつ自分のニーズに会うようにしっかりと選ばなければなりません。
マイホームを建設してもらう際には、十分に気を付けましょう。