夢のマイホーム!どんな建設会社が良いの?

建設会社へ仕事を依頼しよう!

建設会社の種類

建設会社には、どのような種類があるのでしょうか?
まず、建設業者には4つの種類に分かれています。
まず、ハウスメーカーと言われる、住宅を商品として工事の資材の生産や工事、工事のアフターサービス等の広い範囲で仕事をし、様々な地域で営業をしている大手の建築会社。
次にハウスメーカーのような広い営業網ではなく、地方や地域に限定された建築会社である工務店。
保証やアフターサービスが各々で違うため、十分なチェックが必要ですが平均販売価格が比較的に安い場所が多いようです。
次に、設計事務所と言われる、建築士が運営する業種で、施行会社とは違い設計と工事監理を専門にしており、デザイン重視の方が多いそうです。
最後に分譲系ビルダーと言われ、希望にあった建設をするのではなくもう建設されている土地含めた建物を売ってくれる会社があります。
建設会社といっても、いろんな種類があるんですね!

建設を依頼する場合の相場

マイホーム等の建設をする場合、相場はいくらなのでしょう?
勿論ですが、建設は構造や大きさによって値段は変わっていきます。
一般的な戸建て住宅の場合、最も高価で建設されている鉄骨鉄筋コンクリートで造られている物は一坪平均92.8万円とお高め。
それに引き続き紹介していくと、鉄筋コンクリートで造られている物は約91万円、プレハブ構造の物は約85.4万円、大きな持ち家用の木造建築の物は約59.8万円、そして土地や建物を区分けに販売している分譲用の木造家屋の場合は、約49万円という結果になっているようです。
そこに耐震工事やデザイン性の要望をつけることになると、企業によってはさらに値が上がってくるかもしれないと言われています。
やはり、コンクリートや鉄筋の物だと、少々値段が張るようですね。